/ by Tetsuo Kurita

今回の写真展では、写真のような局紙という紙を使っています。基材は名前の通り、大蔵省抄紙局(明治初期当時)にて紙幣を製造するために開発した紙で、福井県越前市の伝統的な和紙の一種だそうです。
表面は、少し黄色味が強く、不規則的なテクスチャー感が有りながら、光沢があり、角度を変えると多少キラキラ光ります。
このテクスチャー感とチベットの大地が融合し、皆さんに大地の質感も同時に感じていただければと思います。