写真展

特別写真展『RELEVANCE』 by Tetsuo Kurita


名古屋商科大学同窓会創立60周年記念式典 特別写真展『RELEVANCE』。
昨日、今日とで設置完了しました。
明日はあいにくの天気となりそうですが、名古屋商科大学の同窓生の皆様、是非お越しください!

日時:2017年10月22日(日)
会場:名古屋商科大学 日進キャンパス コミュニティパビリオン2F

212A5056.jpg

名古屋商科大学にて写真展開催 by Tetsuo Kurita

名古屋商科大学同窓会創立60周年記念式典において、小規模ではありますが写真展を開催させていただきます。
式典は、三ヶ峯祭開催期間の10/22(日)12:00-14:00に日進キャンパスにて開催となります。なお、写真展自体は22日終日(三ヶ峯祭終了まで)ご覧いただける予定です。
また、会場では写真集『虫草』の販売も行っていただける予定です。
先輩、後輩、同期の同窓生の皆さん、是非お越しいただければと思います。

名古屋商科大学ウェブサイト

同窓通信Vol106_s.jpg

VOICE showcaseで『虫草』を! by Tetsuo Kurita

ウェブマガジン「VOICE」の、新進気鋭の写真家の作品を紹介するコーナー「showcase」にて、『虫草 − チベット・極限の標高5000m地帯で冬虫夏草を採る人々 −』を掲載いただきました。
私にとって、今回のshowcaseでの掲載は、キヤノンギャラリーで開催していた写真展の続きの意味合いがあります。
そして、場所や時間の関係で、興味をお持ちいただいたにもかかわらず写真展にお越しいただけなかった方への、ご覧いただく機会になればと思いました。
東京、名古屋、福岡に次ぐ第4弾、VOICE showcaseでの『虫草』を是非ご覧ください。
なお、showcaseの掲載可能枚数の関係で、キヤノンギャラリーでの作品点数よりも少なくなっている点はご了承ください。

VOICE showcase『虫草 − チベット・極限の標高5000m地帯で冬虫夏草を採る人々 −』

写真展『虫草』、終了しました by Tetsuo Kurita

2/23に銀座から始まった写真展『虫草 − チベット・極限の標高5000m地帯で冬虫夏草を採る人々 −』。
昨日5/16(火)18:00をもって終了し、今日撤去作業を完了しました。
銀座、名古屋、福岡と正直予想を大きく超えるほど多くの方々にお越しいただきました。業界の方、写真好きの方、旅好きの方、チベット好きの方、山好きの方、きのこ好きの方等々、様々な方々にお越しいただきました。そして、数々の出会いがあり、再会があり、交流がありました。
その中で、多くの感動的なお言葉をいただきました。このテーマに丸々1年間を費やして来ましたが、そういったお言葉をいただいた時の一回一回が、長い時間を費やしたことが報われた瞬間でした。非常に嬉しかったです。
最後に、今回の写真展をご覧いただいた皆さんの中に何かが残れば幸いです。
どうもありがとうございました!

読売新聞に告知掲載いただきました! by Tetsuo Kurita

本日4/28、読売新聞・福岡版の朝刊「エンジョイ福岡」の欄に、写真展「虫草」告知を掲載いただきました。
読売新聞さま、どうもありがとうございました。
そして、本日はこの告知にもありますように、13時からギャラリートークです。
皆さん是非お越しください!

緊急告知!福岡でギャラリートーク開催! by Tetsuo Kurita

4月28日(金)13:00より、写真展会場であるキヤノンギャラリー福岡にてギャラリートークを開催することになりました。
作品についての解説を30分程度行います。場合によっては、多少時間が長くなるかもしれません。
銀座や名古屋と異なり、福岡では週末が全て閉館であり、多くの方がお越し下さりやすい土曜日にギャラリートークを開催することが出来ません。そういった事情から、非常に遺憾ながら当初はギャラリートークを断念していました。
しかし、多くの方からご要望をいただきまして、平日ですが4/28に開催を行うことにいたしました。
キヤノン様のサイトにも既に告知を出していただきました。
ご都合のよろしい方は、是非お越しください!

キヤノンギャラリー福岡

「キヤノンギャラリー」オフィシャルサイト内の当写真展告知ページ

銀座 vs 名古屋 by Tetsuo Kurita

なぜ名古屋の展示が銀座よりも良いものになったと言っていたかは、この写真を見ていただければ感じていただけるかと思います。
展示内容、流れ、空間がより洗練されたとの思いです。
ギャラリー自体が持つ空間は各々異なります。それをどう活かせるか。さて、福岡の展示がどうなるか、お楽しみください!
 

お陰様で名古屋も大盛況でした! by Tetsuo Kurita

本日、地元であるキヤノンギャラリー名古屋での写真展をお陰様で無事終えることができました。ご来場いただいた方、ご支援いただいた方、皆様どうもありがとうございました!
名古屋での会期前、キヤノン様より、地方は銀座の来場者の4分の1程度とお考えくださいとお話がありました。しかし、蓋を開けてみれば非常に多くの方にお越しいただき、今日の途中段階でご来場いただいた方が1200名(6日間)を超えていたとのことです。
正直、名古屋の展示は銀座の展示に手を加えたため、より完成度の高いものだという自負がありました。そうした中で多くの方と交流させていただくことができ、毎日が幸せでした。
そうした展示が終了してしまい、今は非常に寂しい気分です。
しかし、次の福岡に向けて再び頑張りたいと思います。
皆さん、どうもありがとうございました!

名古屋、ギャラリートーク by Tetsuo Kurita

昨日、ギャラリートークを開催し、東海地方のみならず、関西、北陸などから予想以上にたくさんの方にご参加いただきました。どうもありがとうございました!
ギャラリートーク後に、ご参加いただいた方全員ではないですが、集合写真を撮らせていただきました。
明日から名古屋の後半スタートです。引き続きよろしくお願いします!

リニューアルした「虫草」 by Tetsuo Kurita

リニューアルした「虫草」。銀座と比べ、作品を一部入れ替え、照明も変更。
照明は、スポット照明と蛍光灯のミックス照明から、名古屋の会場に合わせてスポット照明に変更。
より「虫草」の世界をお楽しみ頂ける空間になりました!

中日新聞に記事掲載いただきました! by Tetsuo Kurita

全国紙ではないものの東海地方で非常に強い新聞、中日新聞さんの本日(4/6)の朝刊にて、七段抜きで記事を掲載いただきました。
この記事の効果もあって本日は多くの皆さんにお越しいただきました!
中日新聞さん、どうもありがとうございました。
そして、皆さん是非お越しいただければと思います!

緊急告知!名古屋でギャラリートーク開催! by Tetsuo Kurita

4月8日(土)13:00より、写真展会場であるキヤノンギャラリー名古屋にてギャラリートークを開催することになりました。
作品についての解説を30〜40分程度、質疑応答20〜30分で計1時間となります。是非お越しください!

キヤノンギャラリー名古屋

「キヤノンギャラリー」オフィシャルサイト内の当写真展告知ページ

名古屋の展示は銀座とは違う! by Tetsuo Kurita

このように会場の壁面構造に合わせ、銀座とは展示内容を一部変更しました。他の3面も写真の組み方や作品の入れ替えが一部あります。新たな『虫草』の世界を是非お楽しみに!
桜の咲く頃に、キヤノンギャラリー名古屋でお会いしましょう!
4/6(木)よりスタートです。

銀座を無事終了できました by Tetsuo Kurita

キヤノンギャラリー銀座での写真展をお陰様で無事終えることができました。ご来場いただいた方、ご支援いただいた方、皆様どうもありがとうございました。
連日予想を上回るたくさんの方々にご来場いただきました。中には一度のみならず、二度も訪れていただいた方も数多くいらっしゃいました。そうした中、非常に充実した幸せな1週間を過ごさせていただきました。
また、差し入れをお持ちいただいた方も多くいらっしゃり、美味しく頂かせていただきました。どうもありがとうございました。
本当に感謝でいっぱいです。
名古屋、福岡についても良いものにできるように引き続き頑張りたいと思います。
今後とも宜しくお願い致します。
※写真は、ご来場いただいた皆様に撮っていただいたものを許可を頂き、それらを中心に使わせていただきました。

「CAPA」3月号に写真展インタビューとして掲載 by Tetsuo Kurita

学研プラスさんのカメラ雑誌「CAPA(キャパ)」3月号(2/20発売)に、「写真展インタビュー」ということで、1ページ丸々使って写真展及び写真集のご紹介をいただきました。
「CAPA」は、カメラ雑誌の中でもひときわ有名な出版社である学研の出版する雑誌であり、最新機材を詳しく紹介している雑誌です。
「CAPA」編集部さん、どうもありがとうございました。
皆さん、お手に取ってご覧いただければと思います。

「フォトコン」3月号に写真展告知掲載 by Tetsuo Kurita

日本写真企画さんのカメラ雑誌「フォトコン」3月号(2/20発売)に、写真展の告知を写真付きで掲載いただきました。
「フォトコン」は、名前の通りフォトコンテストにこだわり、フォトコンテストで上位入賞を狙える作品作りを目指す人たち向けとも言える雑誌です。
「フォトコン」編集部さん、どうもありがとうございました。
皆さん、お手に取ってご覧いただければと思います。

展示レイアウト by Tetsuo Kurita

写真は楽しみが無くなるのでぼかしていますが、展示レイアウトの一部です。
まだこれだけしか作成できてないませんので、あと3面(3壁)をこれから作成します。
ちなみに、展示高さもこれからです。この画像は展示位置が高すぎますのであしからず。